てんかんは無理をしないで相談しカルバマゼピンで治療

脳神経疾患であるてんかんは、有病率が高いことで知られています。
生涯で1回以上てんかんの発作を経験する人は、人口の1割いると言われています。
発作が頻繁に起こり、てんかんと診断される人は、1%ほどいます。
てんかんは、脳の神経細胞が興奮することで、様々な神経症状が起きます。
神経細胞が興奮すると、脳の機能が低下し、けいれんや脱力、記憶障害などの症状が出ることがあります。
また、発作が続くと意識を失ったり、朦朧とした状態になることもあります。
てんかんの発作は、数秒から数分続き、発作の後は普通の生活に戻れるくらいに回復します。
てんかんの発作が慢性化すると、脳の機能に障害が出るケースもあります。
特に子供の場合、脳の発達に大きな影響を与えます。
脳の機能に障害が出ると、就職などが困難になることもあります。
症状が悪化した場合は、無理をせず、医師に相談して、じっくりと治療を行うことが大切です。
てんかん患者の多くは、治療薬を使って、普通の人と同じように社会生活を営んでいます。
てんかんの治療薬は、様々なメーカーから販売されていますが、その中のひとつがカルバマゼピンを成分とする治療薬です。
カルバマゼピンは、脳神経の興奮を抑えて、てんかんの発作を防ぎます。
特に部分的な発作に効果的です。
カルバマゼピンは、てんかんのほか、躁病や三叉神経の痛みにも使われます。
カルバマゼピンは、治療薬として歴史が長く、広く処方されています。
飲み合わせによって副作用が出やすくなる場合があるので、使用している薬がある場合は、医師に報告しておくことが大事です。
服用の時にグレープフルーツジュースと一緒に飲むと、カルバマゼピンの血中濃度が上昇することがあるので注意が必要です。

カルバマゼピンと動悸とつきそいについて

てんかんは、日本では珍しくない病気です。
しかし、てんかんの症状に慣れていない人が患者のつきそいをした場合、とても驚くケースが多いです。
突然、意識をなくしたり、痙攣を起こしたり、顔が真っ青になり、口から泡を出すこともあります。
頭痛や吐き気、腹痛、動悸などの症状が出ることもあります。
現在、てんかん治療の主流は、薬物治療です。
ほとんどの患者が、薬物治療によって発作をコントロールして、普通に社会生活を送っています。
しかし、少数派ではあるものの、薬物治療を行っても効果がない難治性てんかんの患者がいます。
難治性てんかんの患者に対しては、外科手術を行うこともあります。
てんかんの発作は、脳を持っている人であれば、誰でも起こる可能性があります。
多くの患者は、てんかんの発作を抑えるために、症状に合った治療薬を服用します。
カルバマゼピンを成分とする治療薬は、主に部分発作に使われます。
部分発作は、様々な運動症状や自律神経失調、無反応などの症状が出ます。
カルバマゼピンは、気分の高揚や脳の興奮を抑えます。
また、三叉神経の痛みも緩和します。
三叉神経は、顔の感覚を脳に伝える神経です。
顔に氷をあてると、冷たいと感じますが、冷たいと感じた信号を脳に伝えるのが三叉神経です。
カルバマゼピンを服用すると、三叉神経の激しい痛みが起こりにくくなります。
カルバマゼピンを服用する場合、医師から指導された使用量、使用回数は必ず守るようにします。
服用が長期になると、途中で薬の服用を止めてしまう人も出てきます。
しかし、薬の服用を止めると、重い発作が起こる可能性もあるので、医師から服用中止の許可が出るまでは、服用を続けることが大事です。

カルバマゼピンと40代のザジテン服用

てんかんとはけいれんや意識消失を伴う発作のことで、これは脳神経の過剰な興奮によって引き起こされます。先天的な原因も考えられますが、それ以外にも脳挫傷や脳出血など後天的な要因によってもてんかんが発症することがあります。てんかん患者の場合ザジテンという薬は服用できません。ザジテンは抗ヒスタミン剤といって、ヒスタミンという物質の受容体であるヒスタミン受容体をブロックする薬です。ヒスタミンはアレルギー反応を引き起こすケミカルメディエーターであるため、このザジテンはアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患に対する治療薬として使われています。一方で、ザジテンは抗ヒスタミン剤の中でも極めて脳内のヒスタミン受容体に作用しやすい薬です。脳内でヒスタミン受容体の刺激によって脳神経の興奮は抑制されます。しかしザジテンによって脳内のヒスタミン受容体がブロックされてしまうと脳神経の興奮のストッパーが無くなってしまい、てんかん発作が起こりやすい状態となってしまうのです。ちなみに大人の場合はヒスタミン以外にGABAという物質が脳神経の興奮を抑制する機構が発達しているため、ザジテンを服用してもてんかん発作は起こりにくいですが、小児の場合はGABAの働きが未熟であるためザジテンによる服用でてんかん発作が起こりやすいです。例えば40代の方がこの薬を服用してもGABAの働きによっててんかん発作は子供と比較して起こりにくいですが、それでもてんかん発作の発生リスクは高まるので飲むべきではありません。その場合他の抗ヒスタミン剤に切り替えるべきです。
しかしもしてんかん患者がザジテンを飲んでてんかん発作が起こってもカルバマゼピンなどてんかん発作に有効な薬を服用して対処しましょう。カルバマゼピンは脳神経の興奮を抑制する働きのある薬でてんかん発作に有効です。

カルバマゼピンは専門医の検査を受けましょう

カルバマゼピンは主にてんかん、躁病や躁うつ病の躁状態に対して用いられる薬です。これらの疾患に共通することは脳の過剰な興奮です。この薬は、脳の過剰な興奮を鎮める働きがあります。
ただし、使い方の難しい点が多い薬の一つです。ですから、必ず専門医の検査を受けてから使用するべきです。
カルバマゼピンの使い方の難しさにはいくつかありますが、一つには、効果が現れるまでに日数を要することです。飲んですぐに効く薬ではありません。しかも、効き目が現れるまでに通常は徐々に服用量を増やしていくことになります。
また、もし症状が改善したり、あるいは副作用が生じたりして薬を減らしたり止めざるを得なくなったときも、徐々に服用量を減らしていく必要があります。原則として、急に大きく減らしたり、いきなり完全に止めたりしてはいけません。もしそんなことをすると、てんかんの症状がカルバマゼピンの服用前よりもかえって悪化することがあるからです。
さらに、この薬の難しい点として、併用する他の薬との相互作用があります。そしてその相互作用というのも全く一筋縄ではいきません。カルバマゼピンの効果が低下することもあれば増強されることもあります。併用したほうの薬の効果が低下したり逆に増強されることもあります。これらが同時に起こることもあります。このような相互作用には、薬物代謝のための酵素が深く関与しています。さらには併用薬の副作用が起こりやすくなることもあります。
しかも、このような相互作用を起こしうる薬の種類といえば、とてもではありませんが10や20程度では済みません。このような理由から、カルバマゼピンは専門医でなければ適切に使うことが難しいのです。

カルバマゼピンは通販で買うと安い

抗てんかん薬であるカルバマゼピンは病院で処方して貰う事も出来ますが、安く手に入れたいのであれば通販サイトで購入するのが良いです。
どうして通販で買うのが安いと言えるのかというと、通販ならば海外で販売されているジェネリック医薬品も簡単に手に入れる事が出来るからです。
ジェネリック医薬品というのは先発薬と同じ成分を用いているので効果が同じでありながら、安く手に入れる事が出来る後発薬の事です。
通常の医薬品の場合は研究や開発に多大な年月とお金を費やして行われるので、その分だけ販売時の価格に上乗せされています。
しかし、ジェネリック医薬品の場合は既に良く知られている成分を用いるので研究や開発にかかるコストを大分抑える事が出来、その分だけ先発薬よりも価格が安くなるという訳です。
先発薬の半額以下になる場合もあって、製造工程などには若干の違いはあるものの主成分は同じであり、効果が同じながら価格は安いという事で安く医薬品を購入したいという人に人気となっています。
また、ジェネリック医薬品は低価格で医療費を抑える事が出来る事からも、日本も含めて積極的に導入を促す国も増えています。
安く手に入れられる理由は以上の通りですが、海外の医薬品の購入は色々と問題が多く敷居が高いのではないかという心配をする人もいます。
しかし、その点についても心配は無く通販サイトと言っても直接海外の通販サイトから購入するという訳では無く、個人輸入代行業者が運営している通販サイトを利用するのです。
そうした通販サイトで購入すれば、面倒な手続きについてはすべて業者が行ってくれるので通常の通販サイトと同じ感覚で買い物が出来るようになっています。

カルバマゼピンで躁うつをコントロール

カルバマゼピンはすでに40年以上もの歴史を持つ抗てんかん薬の成分で、長い期間で使われてきた実績から安全性が確立されています。てんかんだけでなく神経痛にも作用することか三叉神経痛の治療に用いられており、興奮状態を引き起こすとされるグルタミン神経の受容体を遮断する働きがあることから1990年には躁うつ病の躁状態をコントロールすることができるとして承認されています。現在のところ適応症となるのは、感覚異常や運動症状などの部分発作および全般発作の強直間代発作をおこすてんかん、三叉神経痛、躁うつ病の躁状態となります。カルバマゼピンは抗てんかん薬として開発され、適応症は広いのですが基本的に有効となるのはてんかん発作のみです。三叉神経痛や躁うつ病に一応は効果がありますが、胃が痛いので鎮痛剤を飲むといったようなもので、本来ならそれ相応の治療薬を処方するのが一般的です。カルバマゼピンは躁状態をコントロールするには向いていますが、根治することはないので継続して飲み続ける必要があり、減薬や断薬などを勝手に行うと症状が悪化するなど問題が起こる可能性があります。薬によって病気を治すというより症状を抑え込むというのが正しい認識で、精神を安定させることで振り幅の大きい精神状態を静める作用を持っています。そのせいか、既に症状が治ったと勘違いした人が急に服用をやめてしまうと、極端な感情の揺れによって以前よりも不安定になりやすくなるので、服用と治療の方法は医師と相談してしっかり決めた通りに行うことが大切になります。取り扱いが非常に難しい飲み薬となるため、躁うつ症状だからと個人輸入で入手して安易に飲むことはやめておきましょう。