カルバマゼピン服用前の注意点

カルバマゼピンとはてんかんの発作の治療薬の成分になります。これはテグレトールという薬のなかに含まれており、てんかんを抑える作用からもNaチャンネル阻害薬とも呼ばれています。カルバマゼピンには脳の興奮をしずめるという働きがあります。なのである期間継続的に服用することで、てんかんを予防することができるようになるのです。しかしこの薬は服用前に過剰に服用すると命にかかわることになってしまうということを知っておく必要性があります。カルバマゼピンは過剰に服用し血中の濃度が上がってしまうと、一種の中毒症状を引き起こしてしまう可能性があります。この中毒症状に挙げられるのが異常な眠気、悪心や嘔吐、めまい、ふらつきなどです。このことからも用法・用量はちゃんと守らなくていけません。また、一人での管理が難しいというような人は周囲の人も一緒に管理するということをおすすめします。これは本人の安全のためでもありますし、万が一何かあったときのために管理しておいたほうが安心というのもあります。もし大量に服用してしまっているというような場合には、一刻も早く救急車を呼んで病院に運ぶというのが重要になってきます。薬を出す前に医師から説明があるでしょうが、この薬は一歩間違えるととても危険な薬になります。もし服用が決まったときには本人が薬に対して意識をちゃんと持つということも重要ですが、親族や配偶者などその近くにいる人たちがサポートしていくことも重要になってきます。もし可能なのであれば日常生活をストレスをためないように暮らしていくというのもこの過剰に飲みすぎてしまうという事故を防ぐための一つの方法になります。もしよかったら、是非参考にしてみてください。

◎カルバマゼピンが合わない方はラモトリギンという成分配合の薬もあります
ラミクタール